透析

透析のやり方などについて

透析というのは、腎不全の人がやることになる治療法になります。腎臓の機能が急激に悪くなるなりますとそれだけで非常に身体が悪くなっていきます。これは何故かといいますと毒素をろ過できないようになってしまうからです。
急性腎不全の場合、半分くらいの人は完治することがあるのですが、慢性的な腎不全の人の場合は末期になってしまうともう透析をするしかなくなります。或いは腎臓移植という手もありますが、多くの場合は透析治療のほうをすることになるでしょう。そんなに腎臓移植は気軽に相手が見つかるようなことではないからです。この透析方法としてあるのが、血液透析と腹膜透析になります。
血液透析というのは、専用の装置を使用することになります。体から外に取り出した血液を人工腎臓によって、透析をするのです。つまりは、不要な物質、不純物を取り出す、ということになります。ろ過をする、ということになります。この方法が殆どの透析患者者が行っている方法になります。基本的に1回に3時間~5時間はかかることになります。これを週に数回3回、やることになります。
腹膜透析の場合は、自宅でやることができます。自分の腹膜を透析膜として利用することになります。こちらはそんなに多くはないです。

TOP