透析

透析患者さん普段の食生活での注意点

人口透析を受ける患者さんが、日常の食生活で気をつける事をまとめてみました。
人口透析を受ける患者さんにとってカロリー制限は大切なことですが、その他に大切なのがカリウムの制限です。腎臓の働きが低下している透析患者さんにとってカリウムの取りすぎは命にかかわります。高カリウム血症にならないように摂取量を守ってください。また、タンパク質の取りすぎは腎臓に負担がかかるので、食事中のタンパク質の摂取量にも制限が必要です。タンパク質の摂取量が守られていれば、透析患者さんが制限すべきリンもおのずと制限されるので、しっかり自己管理する事が大切です。透析患者さんは尿量が非常に少ない、または全くないので水分の取りすぎに気をつけましょう。水分が増えると心臓への負担が高くなるため、毎日の水分量を記録しながら、水分を取る時は小さなコップを使う、暑いお茶を少しづつ飲む、氷をなめるなど工夫してください。そして塩分量を制限する事も非常に重要です。塩分を取ると喉が渇くため水分摂取量も増えてしまうという危険性があるほか、高血圧は腎不全を進行させるので、特に気をつけましょう。酢や香辛料、ねぎやミョウガなどの薬味を使う事によって塩分を抑えられます。また、調理の際は下味を付けず、出来上がった料理に調味料を足す用に心がけましょう。
辛い事も多いと思いますが、慣れれば当たり前になります。家族や患者仲間と支え合いながら頑張って下さい。

TOP